【知っているとかっこいい】”メドックの格付け”とは?

ワインの格付けって聞いたことありますか?

フランスのボルドー地方にはいろいろな格付けがあり、その中でも一番有名なのが
メドックの格付けです

飲み会などで話題になった時、知っているとオサレに話が広がりますよ〜

この記事の最後にメドック格付け暗記クイズ「10問正解するまで帰れま10」を掲載しました

ぜひチャレンジしてみてください!

メドックの格付けとは?

メドックの格付けの歴史

1855年に開催されたパリ万国博覧会の際に、皇帝ナポレオン三世の命を受け、ボルドー商工会議所がシャトー(ワイン生産者)の格付け表を作成しました

これがメドックの格付けです
(正式名称は「ジロンド県産の格付け赤ワインおよび白ワイン」)

当時、作成したのがボルドーの商工会議所だったので、
メドックのシャトーに限定されたようです
そのため、今日ではメドックの格付けと呼ばれています

ちなみに、メドック地区はフランス・ボルドー市の北に位置するワイン産地です

メドックの格付け表

実際のメドックの格付け表は次の通りです

第1級〜第5級まであり、全部で61のシャトーが認定されています

これらはボルドーワインの総生産量のたった5%にしかあたらず、名誉ある称号とされます

階級 シャトー(日) シャトー(仏) ミューン
第1級 シャトー・ラフィット・ロッチルド Lafite Rothschild ポイヤック
  シャトー・マルゴー Margaux マルゴー
  シャトー・ラトゥール Latour ポイヤック
  シャトー・ムートン・ロッチルド Mouton Rothschild ポイヤック
  シャトー・オー・ブリオン Haut Brion グラーヴ
第2級 シャトー・ローザン・セグラ Rauzan-Segla マルゴー
  シャトー・ローザン・ガシー Rauzan-Gassies マルゴー
  シャトー・レオヴィル・ラスカーズ Leoville Las Cases サンジュリアン
  シャトー・レオヴィル・ポワフェレ Leoville Poyferre サンジュリアン
  シャトー・レオヴィル・バルトン Leoville Barton サンジュリアン
  シャトー・デュルフォール・ヴィヴァンス Durfort-Vivens マルゴー
  シャトー・グリュオ・ラローズ Gruaud Larose サンジュリアン
  シャトー・ラスコンブ Lascombes マルゴー
  シャトー・ブラーヌ・カントナック Brane-Cantenac マルゴー
  シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン Pichon Longueville Baron ポイヤック
  シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド Pichon Longueville Contesse de Lalande ポイヤック
  シャトー・デュクリュ・ボーカイユ Ducru-Beaucaillou サンジュリアン
  シャトー・コス・デス・トゥルネル Cos d’Estournel サンテステフ
  シャトー・モンローズ Montrose サンテステフ
第3級 シャトー・キルヴァン Kirwan マルゴー
  シャトー・ディッサン d’Issan マルゴー
  シャトー・ラグランジュ Lagrange サンジュリアン
  シャトー・ランゴア・バルトン Langoa Barton サンジュリアン
  シャトー・ジスクール Giscours マルゴー
  シャトー・マレスコ・サン・テグジュペリ Malescot St-Exupery マルゴー
  シャトー・ボイド・カントナック Boyd-Cantenac マルゴー
  シャトー・カントナック・ブラウン Cantenac Brown マルゴー
  シャトー・パルメール Palmer マルゴー
  シャトー・ラ・ラギュンヌ La Lagune オー・メドック(リュドン)
  シャトー・デスミライユ Desmirail マルゴー
  シャトー・カロン・セギュール Calon-Segur サンテステフ
  シャトー・フェリエール Ferriere マルゴー
  シャトー・マルキ・ダレーム・ベッケール Marquis d’Alesme Becker マルゴー
第4級 シャトー・サン・ピエール St-Pierre サンジュリアン
  シャトー・タルボ Talbot サンジュリアン
  シャトー・ブラネール・デュクリュ Branaire Ducru サンジュリアン
  シャトー・デュアール・ミロン・ロッチルド Duhart-Milon-Rothschild ポイヤック
  シャトー・プージェ Pouget マルゴー
  シャトー・ラ・トゥール・カルネ La Tour Carnet オー・メドック(サン・ローラン)
  シャトー・ラフォン・ロシェ Lafon-Rochet サンテステフ
  シャトー・ベイシュヴェル Beychevelle サンジュリアン
  シャトー・プリウレ・リシーヌ Prieure-Lichine マルゴー
  シャトー・マルキ・ド・テルム Marquis de Terme マルゴー
第5級 シャトー・ポンテ・カネ Pontet-Canet ポイヤック
  シャトー・バタイィ Batailley ポイヤック
  シャトー・オー・バタイィ Haut-Batailley ポイヤック
  シャトー・グラン・ピュイ・ラコスト Grand-Puy-Lacoste ポイヤック
  シャトー・グラン・ピュイ・デュカス Grand-Puy Ducasse ポイヤック
  シャトー・ランシュ・バージュ Lynch-Bages ポイヤック
  シャトー・ランシュ・ムーサ Lynch-Moussas ポイヤック
  シャトー・ドーザック Dauzac マルゴー
  シャトー・ダルマイヤック d’Armaihac ポイヤック
  シャトー・デュ・テルトル du Tertre マルゴー
  シャトー・オー・バージュ・リベラル Haut-Bages Liberal ポイヤック
  シャトー・ペデスクロー Pedesclaux ポイヤック
  シャトー・ベルグラーヴ Belgrave オー・メドック(サン・ローラン)
  シャトー・カマンサック Camensac オー・メドック(サン・ローラン)
  シャトー・コス・ラボリ Cos Labory サンテステフ
  シャトー・クレール・ミロン Clerc Milon ポイヤック
  シャトー・クロワゼ・バージュ Croizet-Bages ポイヤック
  シャトー・カントメルル Cantemerle オー・メドック(マコー)

 

メドックの格付けの変更

メドックの格付けは1855年に制定されてから150年以上の間ほとんど変更はありません
格付けの変更が行われたのは、たった一度だけで、今日までずっと続いています

シャトー・ムートン・ロッチルド

150年以上続く絶対的なメドックの格付けが、一度だけ見直されました

それが、1973年のシャトー・ムートン・ロッチルドの第2級から第1級への昇格です

シャトー・ムートン・ロッチルドのオーナーはユダヤ系の大富豪ロッチルド家で、1853年にこのシャトーを購入しました

2年後のパリ万博で格付けが制定となりましたが、ムートンは必ず1級に格付けされると思われていました

しかし、選ばれたのはシャトー・ラトゥールシャトー・マルゴーシャトー・オー・ブリオンシャトー・ラフィット・ロッチルドの4つのシャトーで、シャトー・ムートン・ロッチルドの名はありませんでした

結果ムートンは2級に格付けされ、大変な屈辱を味わったと言われています

なぜなら、同じロッチルド家が有している、シャトー・ラフィット・ロッチルドは1級に格付けされたからです
ラフィットを購入したオーナーはパリのロッチルド、そしてムートンを購入したのはロンドンのロッチルドのため、同じロッチルド家でも所有者が異なります
両シャトーは同じポイヤック村に存在し、ライバル関係にありました
そんな中、ラフィットは1級、ムートンは2級という格付をされたことは大変な屈辱でしょう

これを機にロッチルド家は、「1級にはなれないが2級には甘んじれぬ、ムートンはムートンなり」と奮起し、高品質ワイン生産に向けた製造方法やブドウの栽培方法を磨き、ムートンで今も続いているアートラベル(毎年有名な画家の絵が描かれたラベル)も導入し、さらには積極的なロビー活動も行いました

その結果、118年という長い年月の末、1973年にムートンはロッチルド家4世代にわたる悲願の昇格を果たしたのです

その時、「われ1級になりぬ、かつて2級なりき、されどムートンは昔も今も変わらず」という名句を残し、その言葉は今でもムートンのラベルにも刻まれています

5級ポイヤックのシャトーは?
4級サンテステフのシャトーは?
5級ポイヤックのシャトーは?
3級サンジュリアンのシャトーは?
2級サンジュリアンのシャトーは?
3級マルゴーのシャトーは?
3級マルゴーのシャトーは?
3級マルゴーのシャトーは?
4級サンジュリアンのシャトーは?
5級ポイヤックのシャトーは?
10問全問正解するまで帰れま10【メドック格付け】
{{maxScore}} 問中 {{userScore}} 問 正解!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメント

タイトルとURLをコピーしました