【ソムリエ/ワインエキスパート試験2024】アメリカ、カナダ

ソムリエ/ワインエキスパート試験対策について、教本の出題ポイントをまとめています
昨年度からの変更点や、頻出箇所などポイントを抑えて解説します
最後に確認問題を掲載してありますので、理解度の確認に使用してください!

表示の説明

各項目の出題ポイント、ヒントはボックスで示しました
必ず押さえておくべき用語は青字、人名は赤字、ブドウ品種は緑字で表示しています
その他黒字の部分もできるだけ広く覚えるようにしましょう!
また、重要な箇所は黄色のアンダーラインで示しています

昨年からの主な変更点

アメリカ

  1. プロフィールの説明文一部改訂(アメリカ政府は2023年5月11日付けで~ネットの購入を継続する傾向にあるという。)【P.130-131】
  2. プロフィールの説明文一部追記(2020年に前年比27%増の~示しているといえる(Wines Vines Analytics調べ)。)【P.131】
  3. 2022年ヴィンテージレポート追記【P.131-132】
  4. 歴史に「伝統的技術と革新的技術の融合の時代」のカラムが追加【P.134】
  5. カリフォルニアにおけるサステイナブルの歴史の説明文に、各認証制度のロゴマークが追加【P.139-140】
  6. カリフォルニアの気候風土の説明文一部追記(2021年から2022年にかけては~生産者にとっての課題であり続けるだろう。)【P.142】
  7. ナパ・ヴァレーA.V.A.の説明文一部追記(ナパ・ヴァレーの土壌は主要な3つの~溶岩など、さまざまな形態がある。)【P.145】
  8. ナパ・ヴァレーA.V.A.の説明文に[ナパ・ヴァレーの土壌形成]の挿絵が追加【P.145】
  9. ハウエル・マウンテンA.V.A.の説明文改訂【P.148】
  10. レイク・カウンティにロング・ヴァレー・レイク・カウンティA.V.A.が追加され、当該A.V.A.の地図、説明文、項末のA.V.A.一覧がそれぞれ更新【P.152-153、182】

サステイナブル認証制度のロゴマークが追加されているため要チェックです!
またナパ・ヴァレーの土壌は説明文と挿絵が追加されていますので、キーワードなどは覚えるようにしましょう!
レイク・カウンティの新設A.V.A.も押さえておきましょう

カナダ

  1. オンタリオ州の説明文一部追記(春先は、冬の寒さで~ブドウ生育期間が長くなるというメリットがある。)【P.364】
  2. オンタリオ州のヴィンテージレポート更新【P.364~365】
  3. ブリティッシュ・コロンビア州の説明文一部追記(しかし、アメリカ西海岸と同様に~完全に断念したワイナリーもあった。)【P.367】
  4. ブリティッシュ・コロンビア州のヴィンテージレポート更新【P.367-368】
  5. オカナガン・ヴァレーの説明文一部追記(また、ブリティッシュ・コロンビア州のワイン市場でも~スパークリングワインが造られている。)【P.368】
  6. オカナガン・ヴァレーのG.I.が11に増加し、G.I.未承認の産地も1つ追加。合わせて地図も更新【P.368-370】
  7. ケベック州の各ワイン・リージョンの説明文に積算温度のデータが追加【P.372】
  8. ノヴァ・スコシア州のタイダル・ベイのワインに必要な特徴に1項目追加(2022年からは250mlサイズの缶がフォーマットの1つとして採用されている。)【P.374】

オカナガン・ヴァレーのG.I.が大幅に更新されています!

アメリカ

アメリカ概要

人口(世界第3位)、ワイン消費量(世界第1位
✅アメリカのワイン総生産量のうち、約80%をカリフォルニア州が占める
✅アメリカの全ワイナリーのうち、約43%がカリフォルニア州にある
✅新型コロナウイルスの影響で料飲店や小売店でのワイン販売量が減少⇔ネット販売やワイナリーから消費者へのダイレクト・シップメント(直接販売)は急増

✅2022年ヴィンテージレポート
・カリフォルニア州(州全体で高品質なヴィンテージとなった。収穫のタイミングが産地によって大きくばらついた)
・ワシントン州(トップクラスの高品質なヴィンテージとなり、量的にも例年より高い収量が見込まれる)
・オレゴン州(オレゴンらしい穏やかでクラシックなヴィンテージとなった)
・ニューヨーク州(ほとんどの品種で収穫量が減少)
・ヴァージニア州(州全体で相対的に良い品質のヴィンテージとなっている)

✅歴史
・1776年:独立宣言
・18世紀後半:フランシスコ修道会が太平洋沿岸部にスペイン原産ワイン用ブドウをもたらす
・19世紀後半:フィロキセラが最初にソノマで発見
1920〜1933年:国家禁酒法の施行
・1934年:ワイン・インスティテュート設立@カリフォルニア
1976年:パリ・テイスティングSteven Spurrierスティーブン・スパリアが建国200年に合わせ開催)
白1位:Château Montelenaシャトー・モンテレーナ(米)、赤1位:Stag’s Leap Wine Cellarsスタッグス・リープ・ワインセラーズ(米)
・1990年代:Wine Advocateワイン・アドヴォケイトRobert M. Parker Jr.ロバート・M・パーカー・ジュニアによるパーカー・ポイント(PP)
・近年開発されたコンクリート・エッグ・タンクをカリフォルニアで採用するワイナリーが増えている

✅気候風土
・ワシントン州のレイン・シャドー効果(カスケード山脈より内陸側に吹き込む乾燥した暖かい風)
・地球温暖化による豪雨と干魃の激化、強風による山火事の増加
→【対応策】陽射しを遮るキャノピーの採用、カバークロップ(水分蒸発や土壌流出を防ぐ)、ディフィシット・イリゲーション(最低限度の水分による灌漑)

アメリカの概要は良く出題されるため、ポイントを押さえて覚えましょう!

ワイン法と品質分類

✅1978年にBATFによるワイン法制定(パリ・テイスティングの2年後
✅2003年からTTBがワインの製造方法を規定し品質を管理
A.V.A.(American Viticultural Areas)=米国政府認定ブドウ栽培地域
ラベル表示規定(以下の表)

ラベル表示とブドウ使用割合

✅規定アルコール含有量
・テーブルワイン:7%以上14%以下
・デザートワイン:酒精強化により14%を超え24%未満
Estate Bottledエステートボトルド(生産者元詰)
・瓶詰めするワイナリーと原料ブドウ栽培をする畑が同一のA.V.A.に位置していなければならない
✅ワインのタイプ
Varietalヴァラエタル(品種名をラベルに表示したワイン)
Meritageメリテージ(ボルドー原産の高貴ぶどう品種のブレンドスタイルの高品質ワイン)

ラベル表示規定は75%ルールが基本ですが、それとは異なる部分を覚えましょう!
カリフォルニア州は州名だけ100%であとはアメリカ全体の基準と同じ、オレゴン州は厳しい基準となっています

オーガニック認証制度

USDA Organic
・USDA(米国農務省)National Organic Program(NOP)
100% Organic
・ラベルにUSDA Organicのロゴマークと認証機関のロゴマークを表示可能(任意)
原料が100%オーガニック認証
②亜硫酸塩を添加していない
Organic
・ラベルにUSDA Organicのロゴマークと認証機関のロゴマークを表示可能(任意)
原料の95%以上がオーガニック認証
②亜硫酸塩を添加していない
Made with Organic Grapes
・いずれのロゴマークも表示不可
①原料の70%以上がオーガニック認証
②亜硫酸塩の添加は100ppm未満

USDA Organicはp近年新設された項目です
3つのカテゴリー(上記★)の条件を確認しておきましょう!

カリフォルニア州

カリフォルニア州概要

✅アメリカ全ワイン生産量の80%を占め、全ワイナリーの43%がカリフォルニア州にある
AVA数:147

✅歴史
・フランシスコ修道会がミッション種を持ち込む→アルゼンチンのクリオージャ・チカ、チリのパイスと同一品種
・19世紀初頭:ロシアがボデガ湾の北にフォート・ロスを築き、ここがソノマ・カウンティで最初にブドウが植えられた場所
・19世紀後半:ゴールド・ラッシュでワイン需要拡大、フィロキセラ発生
・1920年〜1933年の禁酒法以降、一握りの生産者が高品質ワイン造りを目指す→ロシア人醸造家André Tchelistcheffアンドレ・チェリチェフの功績
・1978年:ロバート・モンダヴィフィリップ・ド・ロスチャイルド男爵Opus One Wineryオーパス・ワン・ワイナリーを設立
・1983年:ナパで新種のフィロキセラ発見(交配台木AXR1に抵抗力がないことが分かる)
・2013年「The New California Wine」の中で「カリフォルニア・ワインが、パーカー前、パーカー後に続く、第3世代に入った」と述べられた

✅サステイナビリティ
・1973年米国初のオーガニック認証機関CCOFが設立→USDA Organicの認証機関
・アメリカ国内で発売されているオーガニック製品の売上の約40%をカリフォルニア州が占める
・2003年SWP(Sastainable Winegrowing Program)開発:3つの柱「健全な環境」「公正な社会貢献」「経済的健全性」
・主なサステイナブル認証制度と取り組み
CCSW(2010年にできた認証制度でCSWAが運営、全ブドウ畑の33%が認証)
*Fish Friendly Farming(河川の水質保全を主眼とした認証制度)
Lodi RulesDr. Cliff Ohmartクリフ・オーマート博士の主導により2005年に制定、カリフォルニアで最も早く制定
*SIP(2008年制定)
*Sonoma County Sustainability Program(2022年現在、ソノマカウンティのブドウ畑の99%が認証)
*ナパ・グリーン(ナパ・ヴァレーの認証制度。Napa Green VineyardとNapa Green Wineryで構成)
*カーボンニュートラルへの取り組み
①ブドウ栽培(窒素肥料の使用など)
②ワイナリー(太陽光発電など再生可能エネルギーへの切り替え)
③パッケージ(軽量瓶やバッグインボックスの利用)
④流通(鉄道の使用や現地でのボトル詰め替えなど)

✅経済
・カリフォルニア州はアメリカで最大の人口をもつ州
・カリフォルニア州GDPはアメリカ合衆国GDPの約14.7%に相当
アメリカ全ワイン輸出金額の約95%をカリフォルニアが占める

✅気候風土
・太平洋岸を北から南へ流れるカリフォルニア海流(寒流)→海に近いほど冷涼
海岸山脈シェラネヴァダ山脈の間にあるセントラル・ヴァレーは非常に乾燥し、夏は高温
・ブドウ生育期に雨の降らない温暖な気候→ブドウの確実な成熟を保証するため、1次発酵における補糖は禁止
・2019年の山火事はソノマ・カウンティに甚大な被害をもたらす→2020年もナパを中心に被害(スモークテイント(煙香)のダメージが広範囲に及ぶ)

✅地方料理と食材
・2021年のミシュラン・カリフォルニア版で星を獲得した88軒のうち日本食レストランが22軒(うち17軒が寿司店)

✅主要ブドウ品種
・白1位:シャルドネ
・黒/全体1位:カベルネ・ソーヴィニヨン
※黒3位ジンファンデルプリミティーボと同一品種で、どちらもクロアチアの土着品種プラヴァッツ・マリであるとされてきたがDAN解析の結果、クロアチアの土着品種トリビドラグであることが判明

サステイナビリティに認証制度はよく問われますので、CCSWとLodi Rulesは内容まで覚えておきましょう!また、確認認証制度のロゴマークが今期からテキストに掲載されています
カーボンニュートラルの取り組みは具体的な取り組みまで押さえましょう

ファー・ノース・カリフォルニア

✅カリフォルニアの北端

ノース・コースト A.V.A.

ナパ・カウンティ

Napa Valleyナパ・ヴァレー A.V.A.
・550以上のワイナリー
・以下16のサブリージョン
カベルネ・ソーヴィニヨンが栽培面積の約50%を占める
・西側にマヤカマス山脈、東側にヴァカ山脈
・主要な3つの基盤岩(グレート・ヴァレー・シークエンス、フランシスカン・メランジュ、ナパまたはソノマの火山帯)の上に土壌が形成

【ヴァレー中央部のA.V.A.】

①<Carneros/Los Carnerosカーネロス/ロス・カーネロス A.V.A.
ナパ・ヴァレー南端にあり、最もサン・パブロ湾に近い
ナパとソノマ両方にまたがる
・高品質なスパークリングワインの生産拠点
・土壌は表土が浅く、硬い粘土の岩盤によって根が深く張りづらく収量が抑えられる傾向あり

②<Coombsville クームスヴィルA.V.A.>
③<Oak Knoll District of Napa Valleyオーク・ノール・ディストリクト・オブ・ナパ・ヴァレー A.V.A.>

④<Yountvilleヨーントヴィル A.V.A.
⑤<Stags Leap Districtスタッグス・リープ・ディストリクト A.V.A.
⑥<Oakvilleオークヴィル A.V.A.
⑦<Rutherfordラザフォード A.V.A.
・ナパ・ヴァレーの中で最も日照量の多い地区の1つ
・ラザフォード・ダスト→ラザフォードのカベルネ・ソーヴィニョンに特徴的なテクスチャー
Pritchard Hillプリチャード・ヒル 地区(正式なA.V.A.ではない)
・いくつかのワイナリーの名声により、ナパ・ヴァレーの中で最も著名なスポットの1つ
⑧<St. Helenaセント・ヘレナ A.V.A.
⑨<Calistogaカリストガ A.V.A.
ナパ・ヴァレー北端

【ヴァカ山脈のA.V.A.】

⑩<Wild Horse Valleyワイルド・ホース・ヴァレー A.V.A.>
⑪<Chiles Valleyチャイルス・ヴァレー A.V.A.>
⑫<Atlas Peakアトラス・ピーク A.V.A.
⑬<Howell Mountainハウエル・マウンテン A.V.A.
・ヴァカ山脈内でヴァレーの北端近くに位置

【マヤカマス山脈側のA.V.A.】

⑭<Mount Veeder A.V.A.
⑮<Spring Mountain District A.V.A.>
⑯<Diamond Mountain District A.V.A.>

ソノマ・カウンティ
・ナパ・カウンティの2倍以上のエリア
425以上のワイナリー
・海岸山脈が途切れるペタルマ・ギャップ付近は冷涼
・3つの広域A.V.A.あり
Northern Sonomaノーザン・ソノマ A.V.A.
Sonoma Valleyソノマ・ヴァレー A.V.A.>
Sonoma Coastソノマ・コースト A.V.A.

Russian River Valleyロシアン・リヴァー・ヴァレー A.V.A.
Green Valley of Russian River Valleyグリーン・ヴァレー・オブ・ロシアン・リヴァー・ヴァレー A.V.A.>
Chalk Hillチョーク・ヒル A.V.A.
Rockpileロックパイル A.V.A.>
Alexander Valleyアレキサンダー・ヴァレー A.V.A.
Knight Valleyナイツ・ヴァレー A.V.A.
Dry Creek Valleyドライ・クリーク・ヴァレー A.V.A.
Sonoma Mountainソノマ・マウンテン A.V.A.>
Carneros/Los Carnerosカーネロス/ロス・カーネロス A.V.A.> ※ナパ参照
Bennett Valleyベネット・ヴァレー A.V.A.>
Moon Mountain Districtムーン・マウンテン・ディストリクト A.V.A.>
West Sonoma Coastウエスト・ソノマ・コースト A.V.A.
・2022年に承認されたソノマ・コーストのサブ・リージョン
Fort Ross-Seaviewフォート・ロス・シーヴュー A.V.A.
Petaluma Gapペタルマ・ギャップ A.V.A.
・2018年に新設

主要A.V.A.がナパかソノマどっちのカウンティに位置するかを選択できるようにしましょう!
ソノマのA.V.A.は名前に”ヴァレー”がつくパターンが多いです

メンドシーノ・カウンティ
ノースコーストで最も北に位置する
・25%がオーガニック認証を受けている

Mendocinoメンドシーノ A.V.A.
Anderson Valleyアンダーソン・ヴァレー A.V.A.
カリフォルニアで最も冷涼
アルザス品種が成功している
・高品質スパークリングワインの生産地

Mendocino Ridgeメンドシーノ・リッジ A.V.A.>
Eagle Peak Mendocino Countyイーグル・ピーク・メンドシーノ・カウンティ A.V.A.
・2014年に設立されたAVA

上記A.V.A.がメンドシーノ・カウンティに位置していることを覚えましょう!

レイク・カウンティ
・ノース・コーストA.V.A.の6つのカウンティで唯一内陸に位置する
・カリフォルニアの多くの銘醸ワイナリーにブドウを供給

Guenoc Valleyゲノック・ヴァレー A.V.A.>
Benmore Valleyベンモア・ヴァレー A.V.A.>
Clear Lakeクリア・レイク A.V.A.
・カリフォルニア最大の自然淡水湖クリア・レイクを取り囲むA.V.A.
・次のサブ・リージョンあり
①<Big Valley District-Lake Countyビッグ・ヴァレー・ディストリク・レイク・カウンティ A.V.A.>
②<High Valleyハイ・ヴァレー A.V.A.>
③<Kelsey Bench-Lake Countyケルセイ・ベンチ・レイク・カウンティ A.V.A.>
④<Red Hills-Lake Countyレッド・ヒルズ・レイク・カウンティ A.V.A.>
⑤<Upper Lake Valleyアッパー・レイク・ヴァレー A.V.A.>
・2022年に新設
⑥<Long Valley-Lake Countyロング・ヴァレー・レイク・カウンティ A.V.A.
・2023年に新設

レイク・カウンティはノース・コーストで唯一内陸に位置するカウンティです
2023年に新設されたA.V.A.も今期追加となっています

セントラル・コースト A.V.A.

✅サンフランシスコ・カウンティ南部からサンタ・バーバラまでの南北約400km
✅10のカウンティをセントラル・コーストA.V.A.が内包

Santa Cruz Mountainsサンタ・クルーズ・マウンテンズ A.V.A.
・リッジ・ヴィンヤードやボニー・ドゥーン・ヴィンヤードなどが築かれた、由緒あるワイン産地
Livermore Valleyリヴァモア・ヴァレー A.V.A.
・カリフォルニアで初のヴァラエタル・ワインが生まれた

サンベニート・カウンティ
Mount Harlanマウント・ハーラン A.V.A.
ピノ・ノワールのパイオニアの一人であるJosh Jensenジョシュ・ジェンセンカレラを創設
Gabilan Mountainsガビラン・マウンテンズ A.V.A.
2022年承認

モントレー・カウンティ
Montereyモントレー A.V.A.
・雨量が少なく乾燥しているため、ブドウの生育期間は他の地区より約2週間も長くなる
Santa Lucia Highlandsサンタ・ルシア・ハイランズ A.V.A.>
Chaloneシャローン A.V.A.>

サン・ルイス・オビスポ・カウンティ
Paso Roblesパソ・ロブレス A.V.A.
1797年フランシスコ修道会によって最初のブドウが植えられる
ローヌ系品種ジンファンデルが成功
・シャトーヌフ・デュ・パープで知られるペラン家が1990年にローヌの自社畑から9品種のTCVクローンを植え、その後シャトーヌフ・デュ・パープの許可品種13品種が揃った
San Luis Obispo Coastサン・ルイス・オビスポ・コースト A.V.A.
2022年承認
・世界で最もブドウ生育期間の長いワイン産地の1つ
Edna Valleyエドナ・ヴァレー A.V.A.>
Arroyo Grande Valleyアローヨ・グランデ・ヴァレー A.V.A.>

サンタ・バーバラ・カウンティ
・セントラル・コーストの最南に位置

Santa Maria Valleyサンタ・マリア・ヴァレー A.V.A.
・カリフォルニアで最も高品質なピノ・ノワールやシャルドネの産地の1つ
・1982年オー・ボン・クリマ設立
Santa Ynez Valleyサンタ・イネズ・ヴァレー A.V.A.
・4つのサブ・リージョンあり
Alisos Canyonアリソス・キャニオン A.V.A.
・2020年に承認されたAVA

主要A.V.A.がセントラル・コーストに位置することを覚えましょう
また、2022年に承認された2つのA.V.A.は必ず覚えましょう!

シエラ・フットヒルズ A.V.A.

✅シエラネヴァダ山脈の西側
ゴールドラッシュの舞台
ジンファンデルが代表的なブドウ品種

California Shenandoah Valleyカリフォルニア・シェナンドー・ヴァレー A.V.A.>
El Doradoエル・ドラド A.V.A.
・シエラ・フットヒルズA.V.A.の中で最大のサブ・アペレーション
Fair Playフェア・プレイ A.V.A.
・カリフォルニアで最も高い標高を誇るA.V.A.の1つ

上記のA.V.A.がシエラ・フットヒルズに位置することを覚えましょう

インランド・ヴァレーズ

✅近年、インランド・ヴァレーズと呼ばれるようになった(一般的にはセントラル・ヴァレーと呼ばれてきた地域)
✅カリフォルニアの日常消費用大型ブランドワインのほとんどが産出

Lodiローダイ A.V.A.
・禁酒法の時代、チェーザレ・モンダヴィはローダイに移り住み東海岸の都市に向けてブドウを販売
→禁酒法撤廃後ロバートと兄のピーターはナパ・ヴァレーのCharles Krug Wineryを購入
→後にローダイで日常ワイン向けにWoodbridgeワイナリーを設立(ローダイの町の名前)
ジンファンデルは歴史的にもローダイを代表するブドウ品種
Delta Breezeデルタ・ブリーズ(太平洋からサンフランシスコ湾とサクラメント・サンホアキン・デルタを抜けてくる冷たい風)→この風の到達エリアは気温が5℃前後下がる。ローダイは風の玄関口
・サステイナブル農法に関する教育プログラム→2005年にローダイ・ルールとして制定

ローダイA.V.A.は重要ですので、しっかり目を通しておきましょう!

サザン・カリフォルニア

South Coastサウス・コースト A.V.A.
・農業地の市街化と長期的旱魃による水不足が脅威となっている
Temecula Valleyテメキュラ・ヴァレー A.V.A.>

ワシントン州

ワシントン州概要

✅ワイン産地のほとんどはコロンビア・ヴァレー流域にある
カスケード山脈の西側にあるワイン産地はピュージェット・サウンドのみ
✅アメリカのワイン生産量の約5.5%を生産
1100以上のワイナリー
フィロキセラが生息できないためブドウ樹は自根で栽培
✅マイクロソフト、アマゾン、スターバックスなどの本拠地で任天堂のアメリカ本社もあり

✅気候風土
・ピュージェット・サウンドA.V.A.:海洋性気候
・コロンビア・ヴァレー内陸:大陸性気候(灌漑が必須)

✅サステイナビリティ認証
ワシントン・ワイン・グローワーズは2022年5月にワシントン州のワイン生産者のみを対象としたサステイナブル認証制度「SUSTAINABLE WAサステイナブル・ワシントン」を立ち上げた

✅主要ブドウ品種
・白1位:シャルドネ
・黒/全体1位:カベルネ・ソーヴィニヨン

ブドウ栽培面積(白、黒、全体1位)はカリフォルニア州と同じ!

重要なA.V.A.

Columbia Valleyコロンビア・ヴァレー A.V.A.
・ワシントン州のワイン用ブドウ生産量の90%を生産
オレゴン州とまたがる

Yakima Valleyヤキマ・ヴァレー A.V.A.
ワシントンで最初に認可されたA.V.A.
・コロンビア・ヴァレーA.V.A.最大のサブ・アペレーションで以下5つのサブ・アペレーションを持つ
①<Red Mountainレッド・マウンテン A.V.A.>
②<Rattlesnake Hillsラトルスネーク・ヒルズ A.V.A.>
③<Snipes Mountainスナイプス・マウンテン A.V.A.>
④<Candy Mountainキャンディ・マウンテン A.V.A.>(2020年新設
⑤<Goose Gapグーズ・ギャップ A.V.A.>(2021年新設

White Bluffsホワイト・ブラフス A.V.A.
2021年新設

Ancient Lakes of Columbia Valleyエインシェント・レイクス・オブ・コロンビア・ヴァレー A.V.A.
・ワシントン州では珍しい白ワイン用品種がほとんどを占めるA.V.A.

Rocky Reachロッキー・リーチ A.V.A.
2022年に承認

Walla Walla Valleyワラワラ・ヴァレー A.V.A.
オレゴン州とまたがる
・パイオニア的ワイナリーが多く存在
・シラーが世界的に高い評価

Royal Slopeロイヤル・スロープ A.V.A.
2020年にコロンビア・ヴァレー内に新設されたA.V.A.
Charles Smith Royal City Syrahチャールズ・スミス・ロイヤル・シティ・シラー 2006が、ワシントンワインで初めてワイン・エンシュージアスト誌による100ポイントを獲得

The Burn of Columbia Valleyザ・バーン・オブ・コロンビア・ヴァレー A.V.A.
2021年新設

Columbia Gorgeコロンビア・ゴージ A.V.A.
ワシントン州とオレゴン州にまたがる
・コロンビア・ヴァレーA.V.A.に含まれない

Puget Soundピュージェット・サウンド A.V.A.
ワシントン州で唯一、カスケード山脈の西側
・ワシントンで最も年間降水量が多い
・禁酒法撤廃後、最初のワイナリーが築かれた

Lewis-Clark Valleyルイス・クラーク・ヴァレー A.V.A.
・2016年に承認されたAVA
アイダホ州とまたがる(栽培面積のほとんどはアイダホ州側にある)
・風通しが良く温暖で灌漑を必要としないエリアもあり、桃やリンゴが栽培されている→「バナナ・ベルト」と呼ばれる

州をまたがるAVAは頻出なので、教本の地図上の位置も合わせて覚えましょう!
近年に新設されたA.V.A.がいくつかありますので、必ず押さえましょう!!

オレゴン州

オレゴン州概要

高品質なピノ・ノワールの産地(全栽培面積の59%を占める)
✅ワイナリー数は1058(小規模ワイナリーが全体の約8割)

✅歴史
・1961年:Richard Sommerリチャード・ソマーがオレゴン最初のピノ・ノワールリースリングを栽培
・1965〜1968年:「オレゴン・ピノ・ノワールの父David Lettデイビッド・レットがウィラメット・ヴァレーで最初のピノ・ノワールの栽培を始め、ジ・アイリー・ヴィンヤーズを創設
・1979年:パリの大会でジ・アイリー・ヴィンヤーズピノ・ノワールが10位に、翌年同様の大会でも2位に入賞し世界的脚光を浴びる
・毎年7月にピノ・ノワールの祭典「International Pinot Noir Celebrationインターナショナル・ピノ・ノワール・セレブレーション」がウィラメット・ヴァレーのマクミンヴィルで開催

ブドウ栽培面積のうち47%がサステイナブル、オーガニック、あるいはバイオダイナミックの認証を受けている

✅気候風土
・ウィラメット・ヴァレー~サザン・オレゴン:海洋性気候
・コロンビア・ヴァレーに沿った地域:大陸性気候(非常に乾燥)

✅主要ブドウ品種
・白1位:ピノ・グリ
・黒/全体1位:ピノ・ノワール

ワイン法

✅ラベル表示法(全米で最も厳しい)
(1)品種名
・当該品種を90%以上(一部の品種は75%以上の使用で表示可能)
(2)産地名(国名、州名)
・当該産地のブドウを100%使用
・カウンティ名、A.V.A.の表記はオレゴン州産ブドウを100%使用し、かつ当該カウンティまたはA.V.A.のブドウを最低95%使用

ラベル表示規定はアメリカ全体、カリフォルニア州とも対比して覚えるようにしましょう!

オーガニック認証

Oregon Tilthオレゴン・ティルス
・USDA Organic認証機関
・アメリカで最も厳格な基準の1つである独自認証制度Oregon Tilthを運営
LIVEライヴLow Input Viticulture & Enologyロー・インプット・ヴィティカルチャー・アンド・エノロジー(低投入型ブドウ栽培とワイン醸造)
・ウィラメット・ヴァレーのワイン生産者が立ち上げたサステイナビリティ認証
・ブドウ畑とワイナリーそれぞれについて認証基準あり
Salmon Safeサーモン・セーフ
・水質保全を目的とする認証制度
drcDeep Roots Coalitionディープ・ルーツ・コオリション
・ウィラメット・ヴァレーで発足した灌漑を行わずに栽培されたブドウのみを使用してワインを造る生産者団体

オレゴンのオーガニック認証の項は近年追加されているので注目です
これらの認証制度がオレゴン州のもの(あるいは発祥)であることを押さえましょう!

重要なA.V.A.

Willamette Valleyウィラメット・ヴァレー A.V.A.
・オレゴンのパイオニア的生産者が集中。世界的なピノ・ノワールの産地が集中
ブドウ栽培面積はオレゴン全体の約7割(このうち約70%をピノ・ノワールが占める)

【ウィラメット・ヴァレーのA.V.A.】

Dundee Hillsダンディー・ヒルズ A.V.A.
オレゴンで最初にピノ・ノワールが植えられた地区→畑はThe Eyrie Vineyardジ・アイリーヴィンヤードと名付けられた

Chehalem Mountainsシェヘイラム・マウンテンズ A.V.A.
・オレゴンのパイオニア的生産者AdelsheimアデルスハイムPonziポンジーが畑をひらく

Laurelwood Districtローレルウッド・ディストリクト A.V.A.
2020年に承認されたAVA
・ウィラメット・ヴァレーで最も高い標高の地点が含まれる

Yamhill-Carlton Districtヤムヒル・カールトン・ディストリクト A.V.A.
・1980年代からDick & Deirdre Shea夫妻が所有する畑Shea Vineyardシェア・ヴィンヤードはオレゴンのグラン・クリュとも称されている

McMinnvilleマクミンヴィル A.V.A.
・1970年にデヴィッド・レットがワイナリーを設立して以来、オレゴンワインの中心的地位
International Pinot Noir Celebrationインターナショナル・ピノ・ノワール・セレブレーションの開催地

Van Duzer Corridorヴァン・ドゥーザー・コリドー A.V.A.
・2018年に承認されたA.V.A.
・この地点の海外山脈にヴァン・ドゥーザー・コリドーと呼ばれる細い切れ目があり、周囲のワイン産地よりも気温が低くなる→酸は減少するが、果皮が厚くフェノール類が多いブドウが得られる

Tualatin Hillsチュアラティン・ヒルズ A.V.A.
2020年に承認されたAVA
ウィラメット・ヴァレーで最北

Mt. Pisgah, Polk County, Oregonマウント・ピスガー、ポーク・カウンティ、オレゴン A.V.A.
2022年に承認されたA.V.A.

Lower Long Tomローワー・ロング・トム A.V.A.
2021年に承認されたウィラメット・ヴァレー南部で初のA.V.A.

Southern Oregonサザン・オレゴン A.V.A.
・広域A.V.A.で以下のサブ・リージョンが存在
①<Umpqua Valleyアンプクア・ヴァレー A.V.A.>
②<Elkton Oregonエルクトン・オレゴン A.V.A.>
③<Red Hill Douglas Countyレッド・ヒル・ダグラス・カウンティ A.V.A.>
④<Rogue Valleyローグ・ヴァレー A.V.A.>
⑤<Applegate Valleyアップルゲート・ヴァレー A.V.A.>

【コロンビア川流域のA.V.A.】

Columbia Valleyコロンビア・ヴァレー A.V.A.>【ワシントン州参照】
Walla Walla Valleyワラワラ・ヴァレー A.V.A.>【ワシントン州参照】
Columbia Gorgeコロンビア・ゴージ A.V.A.>【ワシントン州参照】

The Rocks District of Milton-Freewaterザ・ロックス・ディストリクト・オブ・ミルトン・フリーウォーター A.V.A.
・2015年にワラワラ・ヴァレーA.V.A.のサブリージョンとして新設
コロンビア・ヴァレー流域で初の、オレゴン側に100%含まれるAVA

【オレゴン州東北部のA.V.A.】

Snake River Valleyスネーク・リヴァー・ヴァレー A.V.A.
アイダホ州とまたがる

州をまたがるA.V.A.は頻出なので、教本の地図上の位置も合わせて覚えましょう!
近年に新設されたA.V.A.は出題されやすいので必ず押さえましょう!!

ニューヨーク州

ニューヨーク州概要

✅ニューヨーク州の全ブドウ生産量の25%をワイン用ブドウが占める
✅コーネル大学農学部にはブドウ栽培と醸造学の専門プログラムあり
ワイナリー数は471
✅ニューヨークはアーバン・ワイナリー(市街地に醸造施設を持ち、周辺のワイン産地からブドウを調達してワインを造る小規模なワイン生産者)の先駆的な存在

✅歴史
17世紀中頃:オランダ人によってマンハッタン島に初めてブドウが植えられた
・1961年:Charles Fournierシャルル・フルニエDr. Konstantin Frankコンスタンティン・フランクリン博士とともにヴィニフェラ種を使った最初の商業的ワインを製造→ヴィティス・ヴィニフェラ・ワイナリー
・1976年:Farm Winery Actファーム・ワイナリー・アクト制定(小規模ブドウ生産者がワイナリーを設立し消費者に直接販売できるよう、行政手続きを軽減する法律)
・数年前からCustom Crushカスタム・クラッシュ(複数の小規模ワイン生産者に醸造設備とマンパワーを料金制で提供する施設)を使用してワインを造るワイナリー増加

カスタム・クラッシュは近年追加トピックなので覚えておきましょう!

重要なA.V.A.

Long Islandロング・アイランド A.V.A.
海洋性気候
・2つのサブリージョンあり
North Fork of Long Lslandノース・フォーク・オブ・ロング・アイランド A.V.A.(北側)
The Hamptonsザ・ハンプトンズ A.V.A.(南側)

Upper Hudsonアッパー・ハドソン A.V.A.
・2019年に承認されたAVA

Finger Lakesフィンガー・レイクス A.V.A.
・約150のワイナリーがある
・細長い11の湖→レイク・エフェクトによりブドウ栽培に適した穏やかな微気候が保たれる
・アイスワインやレイトハーベストワインも高い評価
・2つのサブ・リージョンがあり
Seneca Lakeセネカ・レイク A.V.A.
Cayuga Lakeカユガ・レイク A.V.A.

Champlain Valley of New Yorkシャンプレイン・ヴァレー・オブ・ニューヨーク A.V.A.
・2016年に承認されたニューヨーク州で最も北に位置するAVA

ニューヨーク州のA.V.A.は地図問もよく出題されますので、教本の地図上の位置も含め覚えるようにしましょう!

ヴァージニア州

ヴァージニア州概要

✅初代大統領ジョージ・ワシントン、第3代大統領トーマス・ジェファーソン、第4代大統領ジェームズ・マディソンらの出身州

✅歴史
・1820年代:リッチモンドでDr. Daniel Nortonダニエル・ノートン博士が交配に成功したノートン種から高品質ワインが造られるようになる
・1873年:ノートンワインがウィーン万博で世界1位
・1987年:「シャーロッツヴィルのモンティチェロとヴァージニア大学」が世界遺産に登録

✅主要ブドウ品種
・白1位:シャルドネ
・黒/全体1位:カベルネ・フラン
・ブドウ種族別ではヴィニフェラ品種が1位

重要なA.V.A.

Monticelloモンティチェロ A.V.A.
ヴァージニア州で最初に承認されたAVA
・第45代大統領ドナルド・トランプが2011年シャーロッツヴィルにトランプ・ワイナリーを設立

Virginia Peninsulaヴァージニア・ペニンシュラ A.V.A.
2021年9月に承認されたヴァージニア州最新A.V.A.

Appalachian High Countryアパラチアン・ハイ・カントリー A.V.A.
・ヴァージニア州とテネシー州を含むが、ほとんどはノース・カロライナ州にある

ヴァージニア州は歴代大統領と所縁が深いので、それに絡めて覚えましょう

カナダ

カナダ概要

✅ワイン販売量の約70%を輸入ワインが占め、残り30%をV.Q.A.ワインとその他の国産ワインが占める
酒類の輸入・販売が州政府の専売(人口が最も多いオンタリオ州の専売公社LCBO)
約620のワイナリーのうち、約200がスパークリングワインを製造

✅歴史
1811年:Johann (John) Schillerヨハン(ジョン)・シラーがオンタリオ州でワイン造りを始めた
・1988年:米加自由貿易協定が結ばれ関税が段階的に撤廃
→ワイン市場確保のためヴィニフェラ種への植え替えが加速
→寒冷な気候を活かしたスパークリング・ワイン、アイスワインの生産が増加
・オンタリオ州のワイン生産量は2019年に前年比11%減だったが、スパークリングワインは34%増

✅地方料理と食材
・ケベック州はカナダのソウルフードPoutineプーティンTourtièreトゥルティエールの発祥の地
Farm to Tableファーム・トゥー・テーブル(地元の小規模生産者から直接買い付けた食材やワインを用いて料理を提供)

✅主要ブドウ品種
・オンタリオ州(白/全体1位:シャルドネ、黒1位:カベルネ・フランメルロ
・オンタリオ州アイスワイン(1位:ヴィダル、2位:リースリング
・ブリティッシュ・コロンビア州(白1位:ピノ・グリ黒/全体1位:メル
・V.Q.A.別ワイン生産量(1位:オンタリオ、2位:ナイアガラ・ペニンシュラ
・主要リジョン別生産量(1位:オリヴァー、2位:オソヨース

ブドウ生産量の順位は必ず押さえるようにしましょう

ワイン法と分類

✅CFIA(カナダ食品検査局)がラベル表記を管理
✅ワイン生産に関する規定は各州の連邦政府及びその地域のワイン機関(Wine Authority)が規定・運用

✅3つのカテゴリー
V.Q.A.Vintners Quality Allianceヴィントナーズ・クオリティ・アライアンス認証ワイン
・高品質ワイン
・100%カナダ産ブドウ使用
・オンタリオ州とブリティッシュ・コロンビア州のみ
100% Canadian Wine
・100%カナダ産ブドウ使用
・ノヴァ・スコシア州やケベック州のワインや、V.Q.A.の認証を希望しないワイン
International Blendsインターナショナル・ブレンド
・カナダ産原料と輸入原料をカナダでブレンド

各州のワイン法

✅オンタリオ州
州名の表示:州で収穫された認定品種を100%使用
収穫年の表示:当該年のブドウを85%以上使用
D.V.A.表示:V.Q.A.によって規定されたアペレーション(D.V.A.)のブドウを85%以上使用(ただしナイアガラ・ペニンシュラのサブ・アペレーションは100%)
・Blanc de Noirの表示:黒ブドウを85%以上使用
・瓶内2次発酵方式のスパークリング・ワインの滓の上での熟成期間:ヴィンテージは12ヶ月、NVは9ヶ月以上

✅ブリティッシュ・コロンビア州
州名の表示:州で収穫された認定品種を100%使用
収穫年の表示:当該年のブドウを85%以上使用
・BC V.Q.A.の表示:ブリティッシュ・コロンビア州内のG.I.のワインでなければならない。アイスワインとレイト・ハーヴェスト・ワインはV.Q.A.の格付けのみに認められる
・瓶内2次発酵方式のスパークリング・ワインの滓の上での熟成期間:ヴィンテージは12ヶ月、NVは9ヶ月以上

アイスワイン

アイスワインに関する規定
・ラベルにヴィンテージを記載すること
・同一原産地のブドウを100%使用
・ラベルに記載された原産地名のブドウを85%以上使用
・樹上で凍ったブドウを外気温−8℃以下で収穫(ドイツのアイスワインは−7℃
シャプタリザシオン(補糖)は禁止
<ブリティッシュ・コロンビア州の規定>
・地理的表示は、州名以外のG.I.でなければならない(例:オカナガン・ヴァレー)
<オンタリオ州の規定>
・スパークリング・アイスワインはアイスワインに許可されたブドウ品種のみ使用可能
・ガス圧は通常のスパークリングワインと同じ3気圧以上
・アイスワインをスパークリングワインのドザージュに使用する場合、容量の10%以上のアイスワインが含まれていなければならない

ラベル表記法は州名の表示と収穫年の表示は押さえましょう
瓶内2次発酵方式のスパークリング・ワインの熟成期間や、アイスワインの規定も頻出です!

オンタリオ州

州内のワイナリー数:190以上
✅2022年ヴィンテージレポート
・収穫量は前年の約50%と小さかったが、全国的に非常に高品質なヴィンテージとなった
<アイスワイン>
・オンタリオ州全体のブドウ収穫量が落ち込んだため、テーブルワイン用のブドウの需要が高まり、アイスワイン用のブドウが減少

ナイアガラ・ペニンシュラ

オンタリオ州のワイン生産量の約68%を生産
✅2つのリージョナル・アペレーション(以下)と10のサブ・アペレーションあり
Niagara Escarpmentナイアガラ・エスカープメント
Niagara-on-the-Lakeナイアガラ・オン・ザ・レイク

レイク・エリー・ノース・ショア

✅オンタリオ州南西端
✅エリー湖の北岸

South Islandsサウス・アイランズ(サブ・アペレーション)
ピーリー・アイランドはカナダ最南端のブドウ栽培地区でテンプラニーリョが栽培されている

プリンス・エドワード・カウンティ

✅オンタリオ湖北岸の東端

ブリティッシュ・コロンビア州

カナダ最西端に位置
✅州内に約335のワイナリー
✅2022年ヴィンテージレポート
・極端な気候条件の年となり、2つのシーズンをもつヴィンテージとなった(前半は史上最も冷涼、後半はかつて経験したことのないほど暑い)
・ここ数年で最高のヴィンテージとなった
<オカナガン・ヴァレー>
・全般的にしっかりした酸があり、新鮮で生き生きとした、エレガントでバランスの良いワイン
<アイスワイン>
・アイスワイン用、レイト・ハーヴェスト用として登録されたブドウはリースリングが最も多かった

オカナガン・ヴァレー

ブリティッシュ・コロンビア州最大のワイン産地(州の全栽培面積の86%)
✅222のワイナリー
✅年間を通じて降水量が少なく、灌漑が必須

✅11のG.I.
Lake Countryレイク・カントリー G.I.:北端に位置し最も冷涼
East Kelowna Slopesイースト・ケローナ・スロープス G.I.
③South Kelowna Slopes G.I.
④Summerland Valleys G.I.
⑤Summerland Bench G.I.
⑥Summerland Lakefront G.I.
Naramata Benchナラマタ・ベンチ G.I.:オカナガン湖の東岸、霜害受けにくい
Skaha Benchスカハ・ベンチ G.I.:スカハ湖の東岸、霜害少ない
Okanagan Fallsオカナガン・フォールズ G.I.:ヴァスー湖により気候安定
Golden Mile Benchゴールデン・マイル・ベンチ G.I.:オリバー周辺はカナダ・ワインの首都と呼ばれるエリア
⑪Golden Mile Slopes G.I.
Black Sage Bench/Osoyoosブラック・セージ・ベンチ/オソヨース:オカナガン・ヴァレー最南端の栽培地区で最も米国との国境に近い(G.I.ではない)

その他の産地

シミルカミーン・ヴァレー
「カナダのオーガニックの首都」と称される
フレーザー・ヴァレー
・海洋性気候、7月と8月は灌漑必要
バンクーバー・アイランド
Cowichan Valleyカウチン・ヴァレーが2020年にバンクーバー・アイランドで初のサブ・リージョン(G.I.)として承認
ガルフ・アイランズ
リルーエット
・2018年にG.I.認定
トンプソン・ヴァレー
・2018年にG.I.認定
シャスワップ
・2018年にG.I.認定
クートネイ
・2018年にG.I.認定

オカナガン・ヴァレーのG.I.は大幅に改訂されていますので、要チェックです!

ケベック州

✅ワイナリー数:146
✅P.G.I.ワインの生産・品質管理はCARTVが管理

P.G.I. Québec Wineケベック・ワイン
・2018年にケベック州の農業水産省により正式承認されたケベック州で初のP.G.I.
・100%ケベック州産のブドウを用い、50%以上はラベルに表記されたブドウ畑のブドウを用いなければならない
・P.G.I.ケベックに7つのサブ・リージョンあり
①ドゥー・モンターニュ
②リシュリューリヴァー・ヴァレー
アパラチアン・フットヒルズ
ケベックのワイン産業発祥の地
④モンテレジャン・ヒルズ
⑤アパラチアン・プラトー
⑥レイク・サン・ピエール
⑦ケベックとセント・ローレンス川流域

P.G.I. Québec Ice Wineケベック・アイス・ワイン
・2014年12月に承認されたアイス・ワインのP.G.I.
ブドウは樹上で外気温がマイナス8℃以下で自然凍結したものを手摘みで収穫
・ヴィティス・ラブルスカ種の使用は許可されていない

P.G.I.ケベック・アイス・ワインの規定は覚えましょう

ノヴァ・スコシア州

✅ワイナリー数:19
✅スパークリング・ワインが高く評価(以下、代表的生産者)
Benjamin Bridgeベンジャミン・ブリッジ
Domaine de Grand Préドメーヌ・ド・グラン・プレ

タイダル・ベイ

・国際的ワイン・コンサルタントのPeter Gambleピーター・ギャンブルが、アロマティックでフレッシュなスタイルの白ワインにタイダル・ベイのアペレーションを与えることを考案
・タイダル・ベイとは、ノヴァ・スコシアの海が世界で最も潮の満ち引きが大きいことに由来
2012年に上記コンセプトが承認され、州初のワイン・アペレーションとなった
・14のタイダル・ベイ・ワインが造られている
<タイダル・ベイのワインの特徴>
・100%ノヴァ・スコシア産のブドウを使用
・繊細でアロマティックな白ワイン
・アルコール度数は11%以下
・2022年から250mlサイズの缶が採用

ノヴァ・スコシア州はタイダル・ベイを中心に覚えましょう!

アメリカ、カナダ 予想問題

理解度の確認のため、10問全問正解するまで帰れま10にチャレンジしてみましょう!

10問全問正解するまで何度もチャレンジしてみてください。問題には教本の該当ページを記載してありますので、間違った問題や解答に迷った問題は、都度教本に戻って復習してみてください。

次のアメリカ・ワシントン州のA.V.A.の中で、最もA.V.A.認定年が新しいのはどこか?【P.164】
2020年にカナダのバンクーバー・アイランドで初のサブ・リージョン(G.I.)として承認された地区はどこか?【P.370】
カナダのオカナガン・ヴァレーのサブ・リージョンで最初にG.I.に認定された地区はどこか?【P.369】
次のうち、アメリカ・ヴァージニア州発祥のブドウ品種はどれか?【P.177】
アメリカ・カリフォルニア州のラベル表示規定において、州名を記載する場合に当該産地のブドウを何%以上使用しなければならないか?【P.135】
アメリカ・ワシントン州で生産量の最も多いブドウ品種は何か?【P.161】
アメリカで国家禁酒法が施行開始された年は何年か?【P.132】
以下のアメリカ・ニューヨーク州の地図上で、⑥に位置するA.V.A.はどこか?【P.175】
次のうち、アメリカ・カリフォルニアのシエラ・フットヒルズに位置するA.V.A.はどこか?【P.157】
カナダ・オンタリオ州の全V.Q.A.ワイン用ブドウ品種別生産量で1位の品種は何か?【P.360】
10問全問正解するまで帰れま10【アメリカ、カナダ】
{{maxScore}} 問中 {{userScore}} 問 正解!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメント

タイトルとURLをコピーしました